のんびり日記blog

最高齢プログラマー

最近続けてふたつのテレビ番組で最高齢のプログラマーの女性の活躍ぶりを見ました。82歳だそうです。面白い自撮り写真を撮っている89歳の女性もいて、最近はパソコンで画像処理をしたり、目を見張るような作品を作り出しているようです。何年たっても「マウスって何?」といっているようなレベルの私とは何たる違い。

日ごろ息子が設定してくれたGメールを使っていますが、試しにyahooメールというのも使えるようにしてみようとキーボードをたたき始めてみたけれどどうしてもうまくいかない。やっと確認メールは今使っているGメールで受け取ればいいのだとわかるまで何時間もかかりました。年齢はプログラマーの人や自撮り写真の人より私のほうがだいぶ若いのにね。

苦労してメールアドレスを手に入れたところでメールをやり取りする相手もいないのですが、パソコンはひとり遊びのお相手にはもってこい。もう少し仲良くなって色々楽しめるようになりたいものです。

久しぶりの水やり

今年の冬は寒くて北陸の方では豪雪で大変ですが、お粗末な古い設備の我が家も水道関連で困ったことばかり。もちろん専門業者にも何度も来てもらいましたが、息子は連日のようにホームセンターで資材を手に入れてはあちこちの凍結や水漏れ対策に追われています。

外の水道などはもうしばらく凍り付いたままで、ハウスの中の水やりはバケツで運んで何とかしのいでいましたが、今日やっと久しぶりにホースでたっぷりと撒くことができました。2月も半ばだし、これで寒さも峠を越したのならいいけど、、。

P1160543

ハウスの中ではだいぶ前からホトケノザの花が咲いています。

P1160530

これはブルーベリーの花芽。ピンクレモネードの花芽です。

オリンピック

オリンピックが始まって、テレビはオリンピック関係の番組が多い。スポーツにはあまり興味がないし、メダルはどこの国であろうと頑張った人が貰うものだろうと思うので、日本はいくつ取れるかということなど全く関心がありません。

オリンピックで唯一楽しみなのは開会式の選手団の入場行進で、昨日開会式を少しだけ見ましたが、そこでもアナウンサーがこの国は今までに金メダルをいくつ取ったなどと解説したりしていて、つい「そりゃ何百人も選手を送り込めばメダルもたくさん取れるでしょうよ。」とへそ曲がりなことを言いたくなってしまいます。

戦争や貧困などいろいろ問題があるなか、世界の各国が集まってスポーツを楽しむというのは本当に素晴らしいことで、オリンピックに参加できるのは幸せなことだと思いますが、今回は何やら政治がらみのあれこれが多い様で不愉快だし、不安です。

「ずぼらヨガ」

夜寝る前に水道の水は細く出しておき、湯沸かし器の水は抜いておく。朝は凍る寸前のように頼りなく出る水道の水をジャーっと出るまで蛇口をいっぱいにひねり、水がちゃんと出るのを確認してから湯沸かし器を使える状態に戻して朝食の支度を始める。というのが最近の日常です。

ところが今朝は細く出ているはずの水は止まり、蛇口をひねっても何の反応もない。ここ何日か別棟の凍結状態が続いていましたが、今日は家中の水が使えなくなってしまいました。仕方なく簡単な朝食のあとは部屋でゴロゴロ。読みかけだった「ずぼらヨガ」という本を読みました。

私の知り合いのヨガの先生はとてもまじめな人でヨガ道とでもいうべき向き合い方をしていて、いい加減な私とは姿勢が違います。「ずぼらヨガ」はタイトル通りもっと気楽に「ヨガ風」なことをしているのだと思いますが、私にはこちらのほうが取り組みやすい。水が出ないのを口実に、ホットカーペットの上で、テレビを見ながら、ずぼらヨガをしてみました。

といっても私だって教室では精いっぱいまじめに取り組んでいますから、この本の①章の猫のポーズやねじりのポーズはちゃんとできます。ちょうど一昨日のヨガ教室でもやったばかりだしね。

先生が見ていたらあちこち直されるでしょうが、それでも体を動かすのは気持ちが良い。循環器内科の先生にもいつも「動きなさい」といわれているし、家ではずぼらヨガを続けてみよう。

呼吸法

ヨガでは呼吸と動作を一致させることが大切だそうです。ところが私は動作に気を取られて息をしていなかったり、吐くのと吸うのが逆になったりしていることが多いような気がします。完全呼吸法といって呼吸の練習もしますが、それもうまくできない。もともと私は呼吸が浅いという気はしていたし、動作と呼吸が合っていないことにも気づいていて、これを機会にしっかり身に着けようと思っているのですが、なぜかできません。

最近読み始めたある人のブログに「いつもの呼吸で病気を流す」という本が紹介されていて、良い本らしいので注文し、今日読んでみました。ところが呼吸法について書かれた本ではないようで、具体的な理論も呼吸法もなく、胸を張って大股で歩かないようにとか急いで家事をしないようにとかいうような話がほとんどで、読みながら「何?これ?」という気しかしない。読み終わってから改めてアマゾンのレビューを見てみたら星五つの人もいればひとつの人もいます。私は星ひとつ。

昔佐藤綾子という人の本を読みながら水増しのような無駄な文章だらけなのに呆れて途中でやめたことがありましたが、この本は大きな挿絵などが多く、文字数が少ないので、途中でやめるまでもなくあっという間に読み切りました。

ヨガ教室

ヨガ教室に行くのは何か月振りかしら?次々と不具合が出てきて1年くらいお休みしていた気がします。今も不具合は続いているのですが、できる範囲内のことだけすることにして出かけました。

あまりに久しぶりでやり方など忘れてしまったものもありましたが、あれこれ直されたりしながらなんとかレッスン終了。以前は疲れたと感じることなどなかったのに、終わってみたらあちこち痛い。それだけ体がなまってしまったのでしょう。

ヨガ教室のあと妹の入院先へ行くため伊勢崎市から前橋市へ。通ったことのない道を行くのはちょっぴり不安もあるけど「へえ、こんなところがあるのね。」という発見もあって楽しい。今日の道は赤城山や日光白根山がきれいに見えました。

P1160513

途中、以前友人たちといったことのあるお洒落な小さな中華料理屋さんでひとりでランチ。ラーメンと半チャーハン。小さなサラダとピクルスのような漬物、飲み物と杏仁豆腐もセットでした。量は少なめでちょうど良い。

P1160516

幸い妹の術後の経過は良好のようで、今までは蚊の鳴くような声で話していたのが声も少し大きくなりました。そろそろ退院の話も出ているそうです。

ホウレンソウ収穫

何日も具合の悪かったパソコン復活。

ビニールハウスの中で育てているホウレンソウがやっと収穫できるようになりました。ハウスには加温の設備などないのですが、寒さの残る朝のうちだと一瞬にしてカメラのレンズが曇るくらい外との温度差があります。

P1160497

といってもこの辺の寒さなど高が知れたもの。北陸の方では豪雪でまた多数の車が立ち往生したり、雪下ろしで怪我をする人が出たり、大変なことになっているようです。

空っ風の吹く群馬県から清水トンネルを抜けて新潟に行くと景色は一変。川端康成の「雪国」の風景となって、つい幻想的とか思ってしまいがちですが、昔、新潟の人に群馬県側に出ると夢の世界のようといわれて驚いたことがあります。「縁側にさんさんと日が射して、障子が真っ白に輝いて見える」のだそうで、私にとっては当たり前の景色でしたが、連日の豪雪のニュースをみているとやっと新潟の人のいったことの意味が分ったような気がします。

餅つき大会

もう間もなく1月が終わりますが、今日は「株式会社カネザワ」の餅つき大会が開かれました。プチマルシェもあり、私の好きなお茶の愛好家も見えるということなので出かけてみました。

P1160453

モデルハウスの庭先で大きな臼でお餅つき。建物の中には有機野菜やクッキー、陶器のお店などがあり、解説付きでいろいろな種類のお茶を楽しませてもらってきました。

P1160465

連日の寒さで外の水道だけでなく別棟のお風呂場も凍り付き、洗濯機も使えません。仕方なく近くの日帰り温泉に行ったりコインランドリーを利用したりしていますが、来週はまたまた寒波が来るらしい。東南アジアも寒いそうで、21度になったマレーシアだかシンガポールでは寒い寒いと大騒ぎなのだとか。21度くらいでと思いますが、いつも暖かな国でみな長袖の服さえないのだそうです。半袖のTシャツ1枚ではちょっと涼しすぎるかもね。

いとこ同士

久しぶりに孫が遊びに来ました。今年成人式を迎えた、いちばん年の大きな孫です。まだ生まれたばかりの生後2か月にもならない従妹と初めて顔合わせ。おっかなびっくり抱っこしたりして、そのうち2人でお昼寝。

P1160412

「もっとゆっくりしていけば?」といったのですが、アパートに置いてきたモルモットの餌が心配だからと2泊しただけで帰りました。

多事多難な2日間

入院中の妹が月曜日に手術を受けることになっていて、朝早く病院へ行くために日曜日の晩から妹の家に泊まりました。月曜日には大雪が降るということだったので帽子にマフラー、手袋などを持参してのお出かけです。

当日は弟と一緒に病院へ。お昼過ぎには雪が降り出し、夕方、無事手術が終ったころには執刀医までが「顔を見たら早くお帰りになったほうがいいですよ。」というほどになっていました。

妹のノーマルタイヤの車で出かけたのでタクシーで帰ろうと思っても、いつもなら病院の前に待機しているタクシーは1台もいません。帰りは歩きかもと覚悟していたので「1時間くらいで家に着くかな?」と思いながら歩き始めたら途中運よくタクシーの営業所があり、空車もあって無事帰宅できました。久しぶりに乗ったタクシーでは運転手さんのいろいろなおしゃべりが聞けて、これぞ生の情報と楽しんで聞いてきました。

今日、面会は午後1時からということなので時間を見計らって病院へ出かけようとしたら、私の車がキーを押しても車がうんともすんとも言わない。損保会社のロードサービスを頼み、やっと動いた車でディーラーへ行ったら定休日でお休み。街中のタイヤ屋さんで直してもらって自宅に帰りましたが、妹の様子を見に行くことはできませんでした。

家についてひと休みしながらテレビを見たら、白根山が噴火したというニュース。亡くなられた人もいるほどの規模のようです。いろいろなことが起こった2日間でした。

Home

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top