のんびり日記blog

地震

今日は「きづきの森」の活動日でしたが、私はブルーベリー関連の仕事がいろいろあって参加できません。森へ行くはずだった人たちにも声をかけて今日は「手づくり村」での活動に変更し、Sさんはお料理名人の奥さまのためにブルーベリーを摘んで帰りました。

ブルーベリーを収穫して家に戻り、お茶を飲みながらひと休みしていたら、ミシッと音がしました。「あ、地震だ」と思ってテレビを見ていたら速報には震源地は群馬県という文字。この辺は地震の少ないところだと思っていたのでびっくりしました。幸いたいしたことはなかったようですが、それでも渋川市は震度5だったとか。油断大敵です。

講話とサマコン

もう長いこと欠席続きなのだけど、ヨガ教室の先生からのお誘いで「ヴェーダーンタの教え」というお話を聞きに行ってきました。講師はスワーミー・サッティヤローカナンダ 師。会場は高崎市の少林山達磨寺。

何の予備知識もなく出かけたので、お話を聞いても何が何やらさっぱりわかりませんでした。ヒンズー教のことらしいとは思ったのですが、もともと仏教はお釈迦様、キリスト教はイエスという程度の知識しかない者には理解は難しい。

講義の休憩時間で退席して、急いで帰宅。中学のブラスバンド部のサマーコンサートに行きました。ほんのちょっとでも聞ければと思って出かけたのですが、運よくこちらも休憩時間に到着し、2部から聞くことができました。1曲目は「星条旗よ永遠なれ」で、「あら、ちゃんと星条旗よ永遠なれに聞こえる。たいしたもんだ。」と感心しましたが、よく見ると演奏者の中には昔々中学生だったOBたちも混じっていて、上手にできたのはその人たちの応援のお陰のようでした。

P1170656

小柄でトロンボーンを扱いかねていた孫も少しは上手になったのでしょう。3部の生徒たちだけの演奏では、ほんのちょっぴりでしたがソロも任されていました。慌てて撮ったピンボケ写真です。

NHKテレビにOさん

今日はちょっぴり肌寒く感じる雨の日でした。昨日手づくり村へブルーベリーの収穫に行っておいてよかった!

発送した残りのブルーベリーでソースを作りました。この色のソースなら金色のキャップのほうが良いと思ったのですが、このサイズの金色を切らしていて黒のキャップです。ラベルなどによってはお洒落な感じになると思いますが、なんだかあまりおいしそうに見えない。

P1170612

NHKのEテレの番組「あしたも晴れ!人生レシピ」に、加工講座でも大活躍のOさんが出演ということだったので録画しておいて見ました。Oさんの加工所で作られているとてもおいしそうなニンジンのスープが紹介され、この近くで高品質のニンジンを栽培しているTさんにも教えてあげたいと思いました。

ブルーベリーを摘みに

ブルーベリーをお届けしたい人たちがいて、庭先で摘むだけではとても足りないので、「手づくり村」まで摘み取りに行ってきました。

例年に比べると10日ほど収穫期が早いというブルーベリーは、しっかり熟していてとてもおいしい。そよ風も心地よく、快適なブルーベリー狩りで、夕方には知り合い2人に向けてクール便を送り出すことができました。

毎年摘み取りの時期には店番に行ったりしていた「手づくり村」ですが、ここ何年かはご無沙汰で、摘みに行くのは本当に久しぶり。傾斜地にあるブルーベリー畑をあちこち歩きまわって収穫してきましたが、昔は苦も無く歩きまわれた斜面のきついこと。よちよち歩きの摘み取りお婆さんでした。

冷凍庫

冷凍庫がなくては困るので、昨日コストコへ買いに行ってきました。大型家電店を通り顔してコストコまで行ったのは、コストコのほうが廉価品を売っているからです。

ハイアールの205リットルの冷凍ストッカーは私の車に積めて、配送を頼まずに持ち帰ることができました。今朝息子2人に頼んで降ろしてもらい、早速使い始めることができてほっとひと安心。家電品=配送と思い込んでいて、何日かかるかなと心配していたのですが、店員さんに「どうしますか?」と聞かれ、そうか、自分で待ち帰ればいいのだと積みこんでもらったおかげです。

ストッカーが壊れた?

雨。庭木が雨粒の重みで枝をしならせ、近くの山も霞んで見えます。そんな中でも木の下に落ちているアンズを見ると拾わずにはいられなくて、傘をさしてまで収穫してきました。

P1170576

勿論庭に何本かあるアンズの木の中の、拾いやすい場所にあるものだけですからたいした量ではないのですが、それをきちんと下拵えしたものの保存しておくところがない!どうもストッカーが壊れてしまったらしく、電源が入ったり切れたりして、中のものが解け始めています。大小ある他のストッカーはもう満杯だし、これからブラックベリーやブルーベリーをたくさん入れたい時期なのに困りました。どうしよう?

忙しくも楽しい日々

台風が近づいているそうで、朝から今にも降り出しそうな空模様。「手作り村」のブルーベリーを摘みに行くつもりでしたがそれはあきらめて、庭先のボイセンベリーとルバーブを少し収穫。毎年楽しみに待っていてくれる知り合いに送りました。

今頃になって胡瓜と茄子、ピーマンの苗を植え付けました。昨日の、「まだ間に合う!」というホームセンターのチラシを見て買ってきておいた苗たちです。先月植えた苗にはもう胡瓜がなり始めていますが、この苗にもたくさんなりますように。

今日もアンズを収穫し、下処理をして冷凍。良い実は洗って種を取るだけでいいのですが、皮に傷があったりするとその部分を取り除いたり、手間がかかります。たった2キロ分の袋詰めをひとつ作ると疲れてしまって、ひと袋作るごとにひと休み。

なんと不甲斐ないことかと落ち込みそうでしたが、夜になって久しぶりに電話してきたYさんも同じようなことを言っていました。超高性能の大型ダンプカーのようだったYさんも、ちょっとした怪我が元で以前ほどバリバリ動けないらしい。年寄同士、愚痴をいいあって意気投合しました。

それでも家にいながら自分のペースで好きな庭仕事などをできるのはなんと幸せなこと。明日も天候を見ながらハウスの中のことをしたり、家でジャムを作ったり、やりたいことがいっぱいです。

アンズを干す

昨日妹にアンズを届けましたが、残りは洗っただけの状態で家にあります。今日はそのアンズの種を取ったり、傷んだところを切り取ったりの手入れをして干しました。

ウチには屋上はないので、庭石の上にザルを置いて少しでも下からの熱も利用しようと思ったのですが、あいにく今日は昨日ほど日差しが強くありません。それでも少しでも水分が飛べば、、と思ってザル2つ分処理しました。

今日はなんだか疲れやすく、少し仕事をしてはひと休みしながらの作業だったので、2つ目のざるにアンズを並べ終えたときにはもう午後もだいぶ遅くなっていました。カメラの設定モードがずれているのに気付かず撮った写真は少し色が不自然ですが、こんな具合に干しました。

P1170555

夜、妹から、2日間干したアンズでとてもおいしいジャムができたと電話がありました。私たち姉妹は、子供のころ、長野にいる伯母が送ってくれるカラカラに干し上げたアンズを甘く煮たものが大好きでした。パンでなく、ご飯のおかずにして食べたのですが、今はなかなかそういう干しアンズが手に入らなくて、せめて少しでも似たようなものができればと思って干すのです。

アンズ収穫

なぜこんな時期に実るのか、アンズも梅と同じく梅雨時が収穫期。昨日は雨でとらずにいたのですが、今日は晴れたので早速アンズを収穫しました。

P1170554

アンズをとるといっても実際は枝からもぐことはあまりしません。完熟して枝からポトリと落ちたところを拾うのが一番良いのです。そのためこの時期は木の下にブルーシートをひろげて置き、1日に何度も拾いに行きます。落ちたままにしておくとすぐに蟻がきたりしますからね。

私の実家の家族はみなアンズが大好物です。傷のない良い実を選んで早速妹に届けましたが、妹はすぐにそれをきれいに洗い、半割にしてザルに並べて干しました。妹の家には小さな屋上があって、日当たりと風通しが良く、乾燥野菜を作ったりするには絶好の羨ましいスペースです。

ベリーの酵素

梅雨入りしたそうで、朝から今にも降り出しそうな空模様。草むしりやアンズの収穫をするつもりだったけれど、予定は変更です。朝食前にボイセンベリーやスグリなどを摘みました。

P1170521

ほんの少ししかないスグリはさっと洗って作りかけのジューンベリーとボイセンベリーのの酵素の瓶の中へ。かき混ぜた手についた酵素をちょっとなめてみたら甘かったので、もっとボイセンベリーを増やしたほうが酸味が増していいかもしれないと思いました。

P1170538

これは色付き始めたブルーベリー、ブルークロップという品種です。たくさん採れるようになったらブルーベリーの酵素も作るつもりです。

Home

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top