Home > ガーデニング

ガーデニング Archive

虫刺され

梅雨はあけたはずなのに、今頃になって梅雨時のような雨。九州の方は豪雨で大変なことになっているというのに、こちらはカラカラ天気が多かったので雨はありがたい。

雨が降り出す前にと思って、早朝から見事に生い茂った雑草を刈りました。大きく育った草は鎌でもなかなか切れなくて、草むらにしゃがみこんで格闘しているうちに何かに刺されたようです。気が付いたら左の顎のあたりがお多福かぜの時のように腫れていました。

小さなうちにこまめに対応しておけばよかったのに、大きく育った雑草は手強い。背中が痛くなるほど頑張ったつもりですが、ほんの少ししか片付きませんでした。

カボチャの苗が少し元気を取り戻したと聞いたので、梅雨に入る前に施肥をしようと畑に行きました。

やっと1メートルくらい弦が伸びた苗が2~3株あっただけでとても順調な成長とは言えませんが、周りの草を刈って根元に寄せておきました。この畑の土も秩父古生層のものらしくパサパサ。ありすぎるほどある雑草を利用して少しでも根元の土が良くなればと思います。

強風の吹き荒れる日が続いていましたが、今日はやっとそよかぜ程度の穏やかな日でした。草むしりをしている間ずっとキジの鳴き声が聞こえてきて、見るとそう遠くないところにきれいなキジがいました。

山の近くに住んでいると珍しいことではありませんが、今まで見たことがないほど大きくて立派な雉でした。カメラを持っていたら撮れたのにと残念でした。

哀れな苗たち

市内へ出かける途中、ちょっと時間があったので畑に寄ってみました。最近結構雨の日が多かったし、すくすく育った苗を想像して行ったのですが、現実は「枯れてはいないけど、、、」という有り様。なぜだ?

ビニールマルチをしておいたジャガイモだけは元気に大きくなって花盛りでしたが、期待していたカボチャは哀れな姿で、今年はカボチャを食べ放題という夢は消えました。

両隣の畑は不自然なほど草ひとつなくきれいになっていて作物も見事に育っていますが、私が使わせてもらっているところはまるで雑草の畑のよう。これでは地主さんにもご近所さんにも申し訳ないのではと気になります。

雑草が元気いっぱい

快晴。晴れれば暑い。

P1130774

庭の小屋に沿って作った小さな細長い畑をほんのちょっと広げてオクラの苗を植えたり、日当たりの悪いところにあったオリーブやセイヨウヒイラギの大きな鉢を移動してもらったりしました。

太陽が出る前と沈んでからは外仕事に快適で大好きな時間ですが、もう蚊が出てきて、夕方ルバーブ畑の草むしりをしていたら何か所も刺されてしまいました。

春先、ルバーブの株の周りは一生懸命きれいにしたのにもう雑草が生い茂り、ルバーブも隠れてしまいそうなほど。1年草だけでなく、篠やカラムシが多いので草退治も大変です。雑草だけはいつも元気いっぱい。

キュウリとナスとトマト

午後から雨かと思っていたのに、朝起きてみたら結構な降り。今日もブルーベリーの苗の手入れをしようと予定していたのですが、これではできません。ハウスの中の仕事をすることにしました。

P1130727

ハウスの中の仕事と言っても、買ってきて植えたおいた苗たちが元気に大きくなってきたので、その周りの草むしりくらいのこと。それぞれ花が咲き、小さな実をつけて、それを見ているだけでも楽しい。

P1130715

これは「炒めて台湾」という変わった名前の茄子で、葉の色も花の色も白っぽい。去年台湾へ行ったのはまだ肌寒い時期で、茄子のお料理は食べなかった気がします。夏に行ったらどんな台湾料理があるのでしょう。

P1130724

トマトもかわいい実がなっています。苗を2品種植えたのですが、1本は根切り虫のせいか突然枯れてしまいました。また苗を買ってこようか、このスペースではこの1本のままがいいか、考慮中です。

ジャガイモ

今日も曇り空で、夕方からは雨になるとのこと。ビーツの苗を畑に植えに行きました。

久しぶりに行った畑では、施肥をし、ビニールマルチをしてあるジャガイモは順調に育っていましたが、カボチャやビーツは元気がありません。肥料分もなくからからに乾いていた畑では無理もないことです。

P1130624

いったん家に戻り、カボチャの苗や肥料をもってまた畑に行きました。普通定植した苗のほうがぐんと大きくなるものですが、家に残してあったポット植えのほうが倍以上に育っていました。

それを補植し、全部の苗の根元に肥料をまいて今日の畑仕事はおしまい。できれば土寄せまでしたかったのですが、そのころにはもう小雨が降り始めていたからです。

久しぶりの雨

やっと雨らしい雨が降りました。咲き始めたブラックベリーの花も静かに降る雨に濡れています。

P1130598

しっかり地面に沁みとおるほどの雨は本当に久しぶりで、ブルーベリー苗の水やりから解放されました。ハウスの中の畝の隙間に野菜の苗を植えたり、台所の片づけをしたり、今日はいつもと少し違う仕事。

テレビの「世界ふしぎ発見」を見ながらブログを書いていますが、ウガンダではオクラのことをレディースフィンガーともいうそうです。ふうん、そういえばそんな風に見えるわねえ。今日植えた苗の中にはこの間タネをまいたオクラもあったのですが、そこはトマトの苗のすぐ近く。もっと広いハウスがあるといいのだけれど。

暖地桜桃の敵

TGさんから頂いたナニワイバラ。毎年アーチに沿ってたくさんの花を咲かせてくれましたが、年々近くのケヤキや櫨の木が大きくなって日陰になり、花の数はだいぶ減ってしまいました。

P1130589

きれいなナニワイバラが咲くころはそろそろ暖地桜桃の収穫期。昔我が家には大きなサクランボの木がありましたが、全部小鳥に食べられてしまって、私たちはただ見ているだけでした。

P1130571

もちろん暖地桜桃にも小鳥たちはやってきます。

P1130573

 

人間が近くにいてもそんなに驚きません。桜桃めがけて飛び立つ!

P1130570

せめて何粒かでも食べたいと、人間側はささやかな努力。枝に玉葱の袋をかぶせて自衛しています。サクランボの木は大きすぎて、こんな袋を掛けることもできなかったのよね。

取り戻せない

毎日少しずつベリー類やルバーブなどの手入れをしていて、ボイセンベリーの花も咲き始めました。でも去年体調を崩して放置したために荒れ果ててしまったところを全部回復というわけにいかなくて、まだ去年の枯れ草が絡みついたままの一角もあり、今年も収穫量は少なそう。

P1130538

荒れ地の開墾をするつもりで早く整備しなければますます手入れしにくくなり、私の狭小菜園はいっそう狭く小さくなってしまうでしょう。たった1年の手抜きの遅れがなかなか取り戻せません。

 

知り合いが我が家の近くの店で食事したり「かんな馬の会」の馬を見たいというので、私も仲間に入れてもらいました。せいぜい3人か4人くらいの集まりだろうと思って出かけたら総勢9人もいてちょっとびっくり。

なかにはれっきとした「姐さん」もいましたが、その人の馬の可愛がりようといったらなくて、それにもちょっとびっくり。人は見かけによらないものだと思いました。

カマキリの赤ちゃん

ボイセンベリーの枝を誘引していたら小さなカマキリを見つけました。体長1センチくらいの赤ちゃんです。

P1130532

午前中訪ねた知り合いの家から苗をたくさんいただいてきました。種をまいたけれど忙しくて定植する間がないと、苗床でひしめき合っていた苗です。

さて我が家のどこに植えようかと考えている間に風が強くなって、今日の外仕事はお終い。九州のほうには大量の黄砂が飛んでくるという予報でしたが、この風で関東地方にも飛んできたらしく周辺の山がどんより霞んで見えました。

Home > ガーデニング

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top