Home > Archives > 2015-09

2015-09

署名活動

1年に1回会うかどうかという程度の知り合いから「今どこにいますか?」という電話がかかってきました。「家にいます。」というと「庭にいるので出てきてもらえますか。」という。いつもそんな風に訪ねてくるのでまたいつものことと思いながら外に出てみると、いきなり「安保法案はどう思いますか?賛成ですか?反対ですか?」と聞くので、「反対です。」と答えました。

「そうですか。それじゃしょうがないです。〇子さんにも聞いてみたんだけど、反対だって言ってました。反対の人が多いですね。賛成の署名をしてもらいたかったんですけどね。」「あら、そう。私も安保法案にも原発再稼働にも大反対よ。」「反対じゃしょうがないですよね。」というようなやり取りをして、「どういう組織が活動しているの?」と聞いたら「宗教です。」という答え。

何教だったのか、賛成の根拠は何か、強行採決した後の今頃なぜ署名活動をしているのか、わかりません。

草刈り

「春はあけぼの」と限ったことはなく、昼も夕方も朧月の夜も素敵で、四季の中では春が一番好きだけど、金木犀の香りが漂うようになると「秋もいいなあ」と思います。秋明菊も咲き始めました。

20150929_015

やっと外の仕事もしやすくなって、鉢苗の手入れの続き。ポツリポツリとのんびりペースでやっているのでなかなか終わりません。

20150929_014

長期休暇で家に帰ってきている息子が、長年手入れもせずジャングル状態になっていた裏庭や通りに面したところの草刈りをしてくれました。お隣の駐車場や道路に少しはみ出していて、迷惑をかけているのではないかと気になっていたので本当に助かりました。もっと簡単に安全につかえる機械があれば自分でも草刈りをしたいと思いますが、家にある刈り払い機は力が要りそうだし、怖くて使えません。

アクリルたわし

珍しく友の会の仲間のKサン、Nさんと食事に行きました。私はペーパードライバーならぬペーパー会員で活動には参加していませんが、Kさんは新入会員のお世話や料理教室の先生などで大活躍しています。

Nさんと私にお菓子や手づくりのアクリルたわしをお土産に持ってきてくれました。忙しい人ほど時間の使い方が上手で、ちょっとした合間にもこういう手仕事をしているようです。「ひとつ15分で編めるのよ。」と言っていました。

20150929_001

そういえば私も何年も前の最寄り会の時作り方を教えてもらい、不器用ながらもなんとか編み上げた記憶がありますが、そんなことはすっかり忘れていました。

ツリークライミング

今年のアート祭りでは、庭の大木を使ってツリークライミングもできました。プロの人たちが何人も来てお世話をしてくれたおかげで、大勢の子供たちが貴重な体験ができたでしょう。

20150927_001

下から見上げてもこの高さ。上からの眺めはどんな感じかな?

20150927_011

夕方からは舞台で堀越千秋さんのカンテや、

20150927_043

トリオのジャズ演奏、

20150927_051

三杉太鼓のコンサートなどがありましたが、

20150927_050

コンサートの合間に満月が顔をだし、観客はみな舞台に背を向けてひと時お月見を楽しむ場面もありました。

20150927_072

太鼓の準備をいている間に庭で「火踊り」が披露されました。酔ったヒョットコとキツネの掛け合いのようです。

20150927_111

祭囃子とはちがう三杉太鼓の演奏を聴いて今年のアート祭りはおしまい。スタッフの皆さん、お疲れ様でした。また来年も開かれるといいな。

チェーンソーワーク

「かんな秋のアート祭り」で、今井さんという人のチェーンソーワークがあるというので見に行ってきました。今井さんはチェーンソーワークの世界大会に日本代表として出場した方だそうです。

20150926_003

大会では丸太を指示通りの位置に倒すとかチェーンソーの刃の取り換えとかいろいろな種目があるそうですが、今日は枝に見立てた棒を伐って見せてくれました。

20150926_008

もちろん細かいルールがあって、枝が幹から5ミリ以上残っていてはダメとか、幹に傷をつけたら減点とか、丸太の向こう側にチェーンソーがあるときに移動することとか決められているそうです。

20150926_009

入念にイメージトレーニングしたあと集中。合図とともにスタート。

20150926_063

たった17秒くらいで30本近い枝をきれいに切り落としてしまいました。

20150926_017

  浅見林業の社長さんの話ではこの枝の付き方は樅とか栂のような針葉樹のものだそうです。「この辺の杉とは違うよ。」とのことでした。チェーンソーワークの発祥の地はヨーロッパだそうですから、やはりその地域に多い樹木を模して作られるのでしょう。とにかく見事な早業でした。

夏野菜の片付け

高知の方ではまた大雨が降っているらしい。こちらも一日中降り続いて外の仕事ができないので、ハウスの中の夏野菜の片付けをしました。

去年、勝手に生えてきた苗を見てカボチャだと思って育てていたら冬瓜がなり、今年、また冬瓜が出てきたと思っていたらカボチャがなりました。

そのカボチャや、まだ元気に生り続けているナスや唐辛子(万願寺?)を収穫。伸び放題の蔓を片付けたらヒョロヒョロとアスパラガスも現れました。

屋根の上にアカメガシワ

曇り空。午後から雨になるということなので頑張って草むしり。とはいえ頑張ったと言ってもたかが知れたもので、夕方帰ってきた人に「どこの草むしりをしたの?」と聞かれる程度のことしかできませんでした。

草むしりをしながら先日とは違う種類の毛虫を見つけました。もう毛虫の状態ではいないと思っていたイラガも。探せばあちこちにもっといるに違いないと思うのですが、雨が降りだしたので今日は目についた毛虫とイラガだけを退治してお終い。

私が草むしりをしているとき、息子は長年空き家にしている建物の掃除をしていました。屋根の上には土が溜まっていたそうです。まわりに木が多いので、きっと落ち葉が積もって腐葉土になったのでしょう。

「これだよ。」と見せられたのは理想的な土。なんとそこにはアカメガシワが生えていたそうですが、引き抜かれた木は1メートル以上に伸びていました。あばら家の屋根にはペンペン草というのがお決まりですが、アカメガシワが大きく育っていたとは!

わらしべ(物々交換)ライブ

今日も気持ちの良い秋晴れ。みんなでお墓参りに行きました。私はお彼岸のお中日の日を勘違いしていましたが、今日がそのお中日で、お寺はおおぜいのお参りの人で賑わっていました。

夕方、アート祭りの行事の一つである「わらしべライブ」に行きました。決まった入場料というものがなくて、手持ちの野菜やお米などがそれの代り。品物がない人はおひねりでも、というのが面白くて行ってみたのです。

出演者は聖児さんという若い男性のシャンソン歌手でした。女性歌手が妙に押しつぶしたような声で思わせぶりに歌うのが嫌いでシャンソンには興味がなかったのですが、聖児さんは元気よく普通の発声、というか、今どきの若い人らしく地声で歌う人。「愛の賛歌」やアンコールの「キャバレー」がとても良いと思いました。

歌手、ピアニストのほかにスタッフが5名ほどいたようで、わらしべやおひねりはどのくらい集まったのか、ちゃんと費用を賄えたのか心配ですが、おかげさまで楽しいひと時を過ごすことができました。

秋晴れ 草むしり

最近急にシルバーウイークという言葉を聞くようになってきました。5月のゴールデンウイークに次ぐ日数の連休ということなのでしょう。中でも今日は国民の休日というらしく、振り替え休日と同義語か?

どちらにしても、シルバーウイークというようになって本来「お彼岸」とか「秋分の日」が中心の連休だったということはすっかり忘れ去られた感じです。これから徐々に日が短くなって、冬に向かうのですよね。

連休イコール交通渋滞と言ってもいいようですが、毎年どこにも出かけない私は今年も庭で草むしり。鉢植えのブルーベリー苗は手入れの差が歴然としていて、ひとカゴ分すっかり枯らしてしまった小さな苗などもあって身のすくむ思いです。長年育てても一向に進歩しない不甲斐なさを嘆きましたが、この先あと何年こういう作業ができるか、ちゃんと苗を育てられるようになるかは疑問です。

かんな秋のアート祭り No.2

今年も「かんな秋のアート祭り」が開かれました。今回は堀越千秋さんのスペイン政府からの勲章授与のお祝いというような晴れがましいことはないのですが、お祭りの期間が19日から27日までとなって、ゆっくり見られます。

20150921_006

アートレジデンシーに参加した各国のアーティストが鬼石に滞在中に作った作品の展示などのほか様々なイベントがあるようですが、地元の小学生たちの作品「川」を見たくて出かけてみました。

20150921_005

広い建物の中にくねくねと蛇行するように飾られた作品は全長どのくらいになるのか、川に見立てた長い紙の上に子供たちが色紙で作った作品が留めつけられいました。川だから魚とか水草というわけでもなく何でもありで、これを作っているとき、子供たちはさぞ楽しかったことでしょう。指導したのは通称もめちゃん、高村木綿子さんです。

20150921_003

庭の一隅では週末に開かれる茶会の準備をしていました。舞台も作られていて堀越さんのカンテや鬼石祭囃子も聞けるはずですし、かんな馬の会の馬も登場するらしい。また週末に行ってみようと思います。

Home > Archives > 2015-09

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top