Home > Archives > 2017-07

2017-07

ひとまず安心

カラ梅雨だったのに、梅雨が明けたといってから連日の雨。降ったりやんだり、「梅雨明けじゃなくて梅雨入りだったんじゃないの?」と言いたいような日が続いています。

鉢苗の水やりの手間が省けるのはいいけれど、着ている服までも湿気っぽい。窓を開けておくのが好きで雨が降りこまない位置の窓を開けっぱなしにしておくせいか、部屋の敷物もしっとりしている感じです。

P1140268

RS感染症で何日か入院していた孫が退院したそうです。昨日病院へ行ったときはまだ時々咳をしていたのですが、腕にがっちり巻き付けられていた点滴はもう外されていました。

まだ喋ることもできないゼロ歳児なので心配しましたが、感染症だからと個室に入院し、手厚い治療を受けて無事退院となりました。どこまで無料なのか、少なくとも赤ちゃんは個室の分は支払わなくてよいのだそうです。

ウチのRちゃんの国マカオでは教育費や病院での治療費は無料らしいのですが、日本もちゃんと赤ちゃんには優しいのだとわかって安心しました。

阿波踊り

何気なくつけたテレビで阿波踊りの様子を放送していました。「連」という踊りのグループがあり、それぞれに技を競ったり楽しんだりしているようです。

両側に並んだ桟敷席の観客のまえを通り抜けながら踊りをご披露するのが何よりの見せ場のようですが、街中で見物している観光客にも踊りを教えてくれて、なんとその桟敷席の前でも踊れるのだそうです。

街頭で即席の阿波踊り教室が開かれ、時間になったら地元の人たちの後ろからパレードに参加して、みんな楽しそう。見るだけでなく参加もできるお祭りっていいなと思いました。

阿波踊りが盛大になるきっかけを作ったといわれる「お鯉さん」という芸者さんも歌声を披露しました。90歳を過ぎていらっしゃるそうですが現役で、堂々と風格があり美しい。さすがに車椅子での登場でしたが、次々に挨拶に来る人達への対応がとても優しく、つくづく偉い人ほど謙虚だと思いました。

蝉の鳴き声

何日か前からアブラゼミが鳴き始め、夏真っ盛りと思っていたら一昨日ごろからキリギリスの声も聞こえて、ミンミンゼミも鳴き始めました。毎日暑い暑いと思っていてもちゃんと季節は変わっているのだと虫たちが知らせてくれているようです。

小鳥や昆虫についてあまりよく知りませんが、それでもヒバリの鳴き声を聞くと春だと思いますし、コオロギが鳴き始めると秋になるなあと思ったりして楽しみなものです。

大阪の方の人だったか、蝉の声がうるさいから何とかしろと市役所に苦情を申し立てた人がいるそうです。それを伝える記事にはこういう人はそのうち暑いから何とかしろと文句を言うだろうと書いてありましたが、蝉と市役所とどんな関係があるというのだろう?

秋が深まれば木々が葉を落とすのは当たり前と思っていましたが、今は落ち葉もごみ扱いの厄介者だそうですし、子供たちの声がうるさいという苦情も多いそうです。運動会にも音楽をかけたらいけないとか言われるそうで、実際にひっそりと運動会をしているのを見ましたが異様な光景でした。

何にでも文句を言う人がいるようですが、自分が一番迷惑な存在だということに気が付かないのでしょうか。

虫刺され

梅雨はあけたはずなのに、今頃になって梅雨時のような雨。九州の方は豪雨で大変なことになっているというのに、こちらはカラカラ天気が多かったので雨はありがたい。

雨が降り出す前にと思って、早朝から見事に生い茂った雑草を刈りました。大きく育った草は鎌でもなかなか切れなくて、草むらにしゃがみこんで格闘しているうちに何かに刺されたようです。気が付いたら左の顎のあたりがお多福かぜの時のように腫れていました。

小さなうちにこまめに対応しておけばよかったのに、大きく育った雑草は手強い。背中が痛くなるほど頑張ったつもりですが、ほんの少ししか片付きませんでした。

ブラックベリーの収穫終わり

このところ何日か摘み取っていたブラックベリーも、今朝はほんの少ししかとれませんでした。今年のブラックベリーの収穫もそろそろ終わりのようです。

入れ替わるようにブルーベリーのラビットアイ系の収穫が始まりましたが、蒸し暑くて外の仕事はできません。ブルーベリーの鉢の水やりも怠けていたら葉先が萎れてきてしまいました。元気なのはのびてほしくない雑草ばかりです。

コクワ

2年くらい前に、庭の端っこのフェンスにからめるようにコクワを植えました。つい存在を忘れてしまいそうな場所でちゃんと手入れもせずにきましたが、今年は元気に育っているようでした。

ところが隣家のブルーベリー園から葛がのびてきてコクワに覆いかぶさってしまいました。このままではせっかく実をつけたのに収穫できなくなってしまいます。

P1140274

鎌と木鋏で葛を片付けたらコクワが顔を出しました。1センチくらいの小さな実です。秋には収穫できるでしょう。

今日のクマ情報

今日も午前10時ごろにはほっとメールが送られてきて、朝8時前にクマが目撃されたとのこと。尾根を越えて隣の地区に行ったようですが、近辺にクマが出没していることに変わりはありません。

今日は最近の猛暑ぶりに比べれば幾分過ごしやすい日でしたが、朝からバテ気味。水やりとブラックベリーの収穫を少ししただけで部屋でゴロゴロ。早く涼しくならないかな。草退治が間に合わない庭は雑草が伸び放題で、まるでジャングルのようです。

クマ出没!

午後2時半ごろ届いた「ふじおかほっとメール」は、なんと熊の目撃情報でした。午前11時20分ごろクマを見かけたのだとか。場所は「きづきの森」のある桜山で、きづきの森の反対側の斜面の麓のようです。

何年も前のことですが、「きづきの森」の活動に来た人がお土産に摘んで帰れるようにと、森の一角にブルーベリーを300本くらい植えました。ナツハゼも植えたりして大切に育てましたが、イノシシに根元を掘り返されて苗木は全滅しました。

「きづきの森」の広場の周りの雑木はシカにかじられた跡がありますし、広場の隣の畑はイノシシの泥浴びの場になっています。野兎もいろいろいたずらをします。でも、クマも出るようになったとは!間もなく夏休みになるというのに、地域の子供たちは川遊びを楽しむこともできないようになってしまいそうです。

また来てね

息子たちのところに遊びに来ていた3人のお客様が、今日でお帰り。お客様を迎えるほどの設備もない我が家では十分なおもてなしもできなかったと思うのですが、それでも田舎町のお祭りを見たり、山村をドライブしたり、それなりに楽しんでもらえたようです。

P1140251

旅慣れた爽やかな若者たちでしたが、私が英語が不得手なため話をすることもできず残念でした。「また来てね。」と言ってお別れしましたが、通じたでしょうか?

空き瓶

お酒は飲まないし、ペットボトル入りの飲み物を買うということもまずないので、私が一人で暮らしていたら我が家には空き瓶というものはほんの少ししかないでしょう。ガラス瓶は何かと重宝なので使いやすそうなお酒の瓶はとっておきますし、最近は炭酸水好きの家族が増えて空のペットボトルがたくさんあるので便利に使わせてもらっています。

今日は出かける予定もないし、外は暑いし、一日中作業場で詰め替え作業などをしていましたが、何年も種を入れたままにしておいたアマレットをお酒の空き瓶に入れようとしたら、瓶が足りない。「何本もあるはずなのに、、」と思いながらほかの瓶を探したりしましたが、瓶があっても蓋がなかったりして使い物にならない。瓶が終わったところで詰め替え作業はお終い。

P1140248

これも空き瓶を利用したニンニク醤油。次は唐辛子入りのニンニク醤油も作る予定です。

Home > Archives > 2017-07

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top