Home > 未分類 > 「ずぼらヨガ」

「ずぼらヨガ」

夜寝る前に水道の水は細く出しておき、湯沸かし器の水は抜いておく。朝は凍る寸前のように頼りなく出る水道の水をジャーっと出るまで蛇口をいっぱいにひねり、水がちゃんと出るのを確認してから湯沸かし器を使える状態に戻して朝食の支度を始める。というのが最近の日常です。

ところが今朝は細く出ているはずの水は止まり、蛇口をひねっても何の反応もない。ここ何日か別棟の凍結状態が続いていましたが、今日は家中の水が使えなくなってしまいました。仕方なく簡単な朝食のあとは部屋でゴロゴロ。読みかけだった「ずぼらヨガ」という本を読みました。

私の知り合いのヨガの先生はとてもまじめな人でヨガ道とでもいうべき向き合い方をしていて、いい加減な私とは姿勢が違います。「ずぼらヨガ」はタイトル通りもっと気楽に「ヨガ風」なことをしているのだと思いますが、私にはこちらのほうが取り組みやすい。水が出ないのを口実に、ホットカーペットの上で、テレビを見ながら、ずぼらヨガをしてみました。

といっても私だって教室では精いっぱいまじめに取り組んでいますから、この本の①章の猫のポーズやねじりのポーズはちゃんとできます。ちょうど一昨日のヨガ教室でもやったばかりだしね。

先生が見ていたらあちこち直されるでしょうが、それでも体を動かすのは気持ちが良い。循環器内科の先生にもいつも「動きなさい」といわれているし、家ではずぼらヨガを続けてみよう。

コメント:0

コメント
Remember personal info

トラックバック+ピンバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kanejin.net/wp-trackback.php?p=15589
この一覧は、次のエントリーを参照しています
のんびり日記blog > 「ずぼらヨガ」

Home > 未分類 > 「ずぼらヨガ」

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top