Home > ガーデニング > 「春からトマト」

「春からトマト」

農文協発行の「うかたま」という雑誌の今月号に、「春からトマト」という記事がありました。種を播くのではなく、実を土に埋めて芽を出させようというのです。いつの間にかこぼれ種が芽を出して大きくなるのはよくあることですが、それを積極的にやってみるということです。トマトを2種類買ってきました。

P1170074

おいしそうなトマトですが、ホルモン剤を使って育てたものは芽を出さないそうです。これはどうかな?記事の通りミニトマトは指で潰して、中玉のトマトは輪切りにして土に埋めました。

P1170079

実はわざわざこんなことをしなくてもトマトの芽はいくつも出ています。生ごみを埋めているところの土を鉢にとり、上に落ち葉をたくさん乗せて熟成させていましたが、そこからいつの間にかいろいろな芽が出てきて、すでにカボチャの苗は10鉢ほどポット上げしてあります。

P1170070

剥いた皮からでも芽を出すジャガイモや、種を捨てるとたくさん生えてくるカボチャ、なぜかいつの間にか芽を出しているトマト。この生ごみ処理の鉢のトマトもちゃんと育ててみようと思います。

コメント:0

コメント
Remember personal info

トラックバック+ピンバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kanejin.net/wp-trackback.php?p=15753
この一覧は、次のエントリーを参照しています
のんびり日記blog > 「春からトマト」

Home > ガーデニング > 「春からトマト」

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top