のんびり日記blog

元気が一番

新緑が美しい中、のんびり駅弁を食べたり里山の景色を眺めたりしながら、妹と2人ガタゴト走るローカル線に乗ってお出かけ。ただの行楽なら良いのですが、行き先は都会の大病院。目的はお見舞い。

降りた駅には姪たちが待っていて、そこからまたしばらく車に乗って病院に到着。家族であることを告げて面会が許されます。

お互いの孫たちの春休みにみんなで会ったばかりだったし、その後電話で話した時も屋形船で隅田川のお花見に行くといっていた妹が急に入院することになって、あちこち管につながれて寝ていました。

きっと日本でも最高の医療水準の病院で、スタッフの方たちは優しくきびきびとお世話してくださっているのに申し訳ない話ですが、病人は同じ姿勢で寝ているだけでも疲れるといっていました。

何はなくとも元気が一番です。

群馬ラリー

我が家の隣の駐車場が朝から賑やか。町の多目的ホールを出発点とするラリーが行われ、隣はそのサービスパークということだそうです。草むしりをしながら塀越しにちらちら覗いてみていると、徐々にテントが張られたり車が増えたり、楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

P1130342

ラリーといってもどんな内容なのか何も知らないのですが、50台ほどの車が多目的ホールを1分ごとに出発して上野村のほうに行き、御荷鉾スーパー林道を通って帰ってくるということのようです。ガソリンを入れに行ったらスタンドの前の交差点に何人かカメラを持った人たちが待ち構えていて、次々にやってくる参加車両を撮ったり手を振って応援したり、ドライバーも手を振って応えたり、のどかな雰囲気でした。

P1130348

私がマカオへ行った時、ちょうどマカオグランプリの行われた日でした。といっても着いたのがもう夜の10時過ぎでグランプリの気配は何もなかったのですが、次の日街を案内してもらったら、観覧席を片付けていたり、道路のあちこちにブレーキ痕が残っていて、痕を見るだけでいかに凄まじいレースが行われていたか伝わってくるほどでした。

P1130350

それに比べるとドライバーもサービスパークに待機しているメカニックの人たちものんびりゆったり談笑していたりして、今日は車好きな人たちのお楽しみのイベントだったのだろうと思います。

ジューンベリー

ジューンベリーは四季それぞれに美しい姿の素敵な木です。春の芽吹きも優しい雰囲気で大好きなのですが、今年は忙しさに気を取られているうちに花が満開となっていました。

P1130339

花壇を作った当時、ジューンベリーの周りには丸太を埋め込んで遊歩道のようにし、根元にはオレガノを植えました。丸太は年月とともに朽ち、周囲一帯に広がったオレガノも姿が見えなくなり、花壇はただの草茫々の場所となってしまいました。

P1130311

また花壇をきれいにして、ハーブをいろいろ植えようと思います。

カタクリと枝垂れ桜

急に思い立ってカタクリの花を見に行きました。というか、一緒に食事したあと花を見て帰るという息子たちに連れられて行っただけなのですが、おかげで思いがけずお花見ができました。

川を挟んだ隣町の神泉地区にはカタクリの群生地があって、地元の人たちが大切に守っています。残念ながらカタクリはもう盛りを過ぎかけていましたが、周辺の枝垂れ桜は今が見ごろ。山のふもとの小さな集落のあちこちに桜が咲き、桃源郷という言葉を思い出させられる風景でした。

見事な枝垂れ桜を見て思わず「残念。カメラを持ってこなかった。」と言ったら「こんなところくらいまた来ればいいじゃないの。」と笑われましたが、車で5分もあれば行けるところなのですからその通り。ちょっとだけアンテナを高くしてちょっとだけこまめに行動すれば、ちょっとだけ世界が広がると実感した日でした。

高齢者講習

運転免許証の更新のため高齢者講習に行ってきました。この年齢になるとどこの集まりに行っても自分が一番年上ということが多いのですが、さすがに今日は高齢者講習というだけあって似たような年ごろの人たちばかりでした。

先に同じ講習を受けた友人から「成績が悪くたって免許には関係ないから平気よ。」と聞いていましたが、これからはそうもいかないらしい。認知症の疑いがあると医師の診断が必要だそうです。今日の受講者6名は全員問題ないとのことでした。

ただ、画面を見ながら運転操作をするという検査もあるのですが、3年前に同じ講習を受けた時より自分でもはっきりわかるほど反応の仕方が劣ってきたと感じました。結果のプリントを見ても前は全部5の評価だったのに、4や3も混じっていました。

受講者のうち3人は女性で、ほかの方は私より年上だろうと思っていましたが、なんとお二人とも85歳とのこと。さすがにもうあまり遠距離は運転されないということでしたが、気持ちも見かけもとても若々しい感じでびっくりしました。私も早く元気にならなくちゃ。

スロークッカー

つい最近、スロークッカーが便利という記事を目にしました。そういえばウチにもあるんだっけと思い出して、何十年ぶりかにスロークッカーを引っ張り出しました。今どきのスロークッカーは材質も形も昔とは大違いのようですが、我が家のものは縦長の土鍋製です。

P1130291

今のものはタイマー付きのようですが、これは強弱のスイッチがあるだけのシンプルな作りです。ポタージュスープなどをつくってみましたが、やはりタイマーがあると便利なので別売りのタイマーを用意しようと思います。

ポット上げ

広い畑が使えることになったので、今年はカボチャも作ってみようと種をまきました。育苗器の中で順調に育っています。

野菜くずなどはコンパネで作った生ごみ処理器の中に埋めていますが、その土の中のカボチャの種やジャガイモの皮からニョキニョキ芽が出てきます。今頃芽を出してもしょうがないという時期に出てくるものもありますが、今なら大丈夫。カボチャの苗を大事に掘りあげてポットに植えました。育苗器の中の苗より大きくて元気です。

種をまいたものと生ごみから芽を出したものを合わせると、カボチャの苗は全部で30本以上になりそうです。うまく育ったら我が家はカボチャだらけになるでしょう。「捕らぬ狸の皮算用」になりませんように。

マラソン大会

本庄市では毎年マラソン大会が開かれているようで、幼稚園児の孫たちも親子ペアで参加しています。出場している間3人目の孫の子守を頼まれた息子と一緒に、私も見に行ってきました。広い会場であまり歩くようだと困ると心配しましたが、幸いゴール地点の近くに車をおけて、そのままゴール前で孫たちを待ちました。

スタート直前に雨が降り出し、あいにく風も強くなって、華奢な折り畳み傘は何度もお猪口になるほどでしたが、子供たちは皆元気いっぱい。孫たちが参加するプログラム1番目の1.5キロコースを小学生たちは1人で、もっと小さい子たちは親と手をつないだりして走ってきました。

P1130250

私は自分がスポーツに関心がなく、参加したことも見たこともあまりないのですが、家族で参加している人たちを見てとても素敵だと思いました。

テーピング

今日も接骨院へ。あれこれ施術したあとべたっとテーピングされました。テーピングしたりマッサージしたり、「なんだか私スポーツ選手みたい」と思いました。子供たちが小さかったころ、ちょっとした傷にバンドエイドを貼ってやるとそれでもう直ったようにご機嫌になったものでしたが、今日の私もそれと同じようです。

テーピングのおかげでいくらかは楽になりましたが、歩けば痛いのに変わりありません。楽しみに待っていた春になって、あれもこれもやりたいことが山積みなのに困ったものです。世界を見ればシリアはますます悲惨な状態になっているし、平和そのものと思っていたスウェーデンでもテロで死者が出たし、私の足の痛みなど取るに足らないことですが。

入学式

桜やアンズ、ミモザなどの花が咲き、花壇はムスカリの花がいっぱい。ブルーベリーもそろそろ咲き始めたものもあります。どこを見ても春真っ盛りという風景ですが、午前中は少し雨が降りました。

P1130222

今にも降り出しそうな風のない日は絶好の焚き火日和。左足を治療中で本当は歩きたくなかったのですが、裏庭に積み上げておいた枯草や小枝などを庭に運んで燃やしました。何往復もして燃やしたおかげで邪魔な小枝類が片付いた代わりにどっと疲れが出ました。

午後は孫の入学式。ぶかぶかの学生服姿の孫がやってきましたが、「もう中学生か」という思いと、「自分が中学生だったのがつい最近のことのようなのに」という思いとで感無量です。

Home

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top