のんびり日記blog

クマ出没!

午後2時半ごろ届いた「ふじおかほっとメール」は、なんと熊の目撃情報でした。午前11時20分ごろクマを見かけたのだとか。場所は「きづきの森」のある桜山で、きづきの森の反対側の斜面の麓のようです。

何年も前のことですが、「きづきの森」の活動に来た人がお土産に摘んで帰れるようにと、森の一角にブルーベリーを300本くらい植えました。ナツハゼも植えたりして大切に育てましたが、イノシシに根元を掘り返されて苗木は全滅しました。

「きづきの森」の広場の周りの雑木はシカにかじられた跡がありますし、広場の隣の畑はイノシシの泥浴びの場になっています。野兎もいろいろいたずらをします。でも、クマも出るようになったとは!間もなく夏休みになるというのに、地域の子供たちは川遊びを楽しむこともできないようになってしまいそうです。

また来てね

息子たちのところに遊びに来ていた3人のお客様が、今日でお帰り。お客様を迎えるほどの設備もない我が家では十分なおもてなしもできなかったと思うのですが、それでも田舎町のお祭りを見たり、山村をドライブしたり、それなりに楽しんでもらえたようです。

P1140251

旅慣れた爽やかな若者たちでしたが、私が英語が不得手なため話をすることもできず残念でした。「また来てね。」と言ってお別れしましたが、通じたでしょうか?

空き瓶

お酒は飲まないし、ペットボトル入りの飲み物を買うということもまずないので、私が一人で暮らしていたら我が家には空き瓶というものはほんの少ししかないでしょう。ガラス瓶は何かと重宝なので使いやすそうなお酒の瓶はとっておきますし、最近は炭酸水好きの家族が増えて空のペットボトルがたくさんあるので便利に使わせてもらっています。

今日は出かける予定もないし、外は暑いし、一日中作業場で詰め替え作業などをしていましたが、何年も種を入れたままにしておいたアマレットをお酒の空き瓶に入れようとしたら、瓶が足りない。「何本もあるはずなのに、、」と思いながらほかの瓶を探したりしましたが、瓶があっても蓋がなかったりして使い物にならない。瓶が終わったところで詰め替え作業はお終い。

P1140248

これも空き瓶を利用したニンニク醤油。次は唐辛子入りのニンニク醤油も作る予定です。

今日もお祭り

今日もお祭り。昼間は摘みたてのブラックベリーではちみつ漬けを作ったり、干しておいたアンズの種をホワイトリカーに漬け込んでアマレット作りの第一歩。

P1140192

夕方、小さなころよくお父さんと一緒に「きづきの森」に来ていたYちゃんに会いました。十数年ぶりに見るYちゃんはもう高校生。交換留学でオランダに行き1週間前に帰ってきたばかりだそうで、食事をしながらいろいろ話を聞きましたが、Yちゃんはすっかり立派に成長していました。

P1140233

夕方文字通り夕立があってちょっと心配しましたが、それも短い時間で降りやみ、おかげで涼しくなって絶好のお祭り日和となりました。ゆっくり「寄り合い」を堪能して、もう来年のお祭りが楽しみ。

鬼石夏祭り

またお祭りの季節になりました。我が家にはお客様が3人見えて、小さな部屋でワイワイお泊り中です。

P1140150

富岡製糸の伝道師をしている友人が、広報活動のためお祭りにやってきました。繭玉を使って小さなお人形を作るのだそうですが、かつては養蚕大国だった群馬県でも今は蚕を知らない人のほうが多く、繭玉を見ても何かわからないそうです。

P1140156

夜はその友人とお祭り名物「寄合」を見ました。宵宮の今夜は中学生たちが主役でたたきましたが、そのあとの「打ち合い」には大人も参加して、相生町の屋台にはキールさんも登場。この町に住んで長いキールさんは、太鼓をたたくのもすっかり上手になりました。

かりんとう

私が住んでいるところもかなりの田舎町ですが、ここから神流川に沿ってもっと山奥に入ったところに「重子の台所」というおいしいかりんとうのお店があります。

P1140101

どっしりした大きなテーブルと薪ストーブのある店内はついゆっくりしたくなる雰囲気で、買い物をするわけでもなく毎日のようにやってくる近所のお年寄りもいるそうです。

オーナーの「重子さん」は私よりちょっと年上のはずなのにしゃっきりすっきり若々しい方で、駐車場の周りに積んであるストーブ用の薪の見事さから旦那様も素敵な方に違いないと推測していましたが、今日はじめてお目にかかったら思っていた通り。木工がお得意のようで、店のテーブルもコースターも手作りだということでした。

かりんとうを買いたいと思っていたところへすぐ近くまで出かける用事が出来てこれ幸いと行ってきたのですが、定年後、ご夫婦そろってそれぞれの得意分野で生き生きと過ごしていらっしゃる姿はほんとにかっこいい!

「八ヶ岳の食卓」

今日は病院へ行くことになっていて、11時の予約だったので10時20分に家を出ました。いろいろな検査は滞りなく済んだのですが、診察までの待ち時間が長く、結局病院を出たのは午後2時半過ぎ。

長時間待たされることが多いのでいつも本を持って出かけますが、今日持って行ったのは、萩尾エリ子さんという人の書いた「八ヶ岳の食卓」。ずいぶん昔から蓼科でハーブのお店を開いている方だそうで、地元の新聞に掲載されたエッセイをまとめた本ですが、読みながら私もこういう風に暮らしたかったのだとつくづく思いました。

せめてお店にでも行ってみようかと思いますが、そう遠くもないのに八ヶ岳のあたりはまるで不案内。行くとしたら車かな?小海線にでも乗って行くかな?

冷蔵庫が壊れた

連日のこの暑さの中、冷蔵庫が壊れてしまいました。なんで氷ができないのだろう、おかしいなと思っていたのですが、冷凍庫の部分がだめになってしまったようです。この何日か、ちょっとしたトラブルで電気の容量が足りないかもしれないから使うなと言われていた電子レンジやオーブントースターを使いたいとき、いちいち冷蔵庫の電源を切っていました。もしかしてそれが結構長年使ってきたお年寄りの冷蔵庫には負担が大きすぎた?

世の中には電気を極力使わずに暮らしている人もいるようで、テレビも冷蔵庫もなかった子供時代を考えればそれでも大丈夫ということは理解できるのですが、では自分もそうしてみるかと言われればお断りしたい。

なぜか2日前くらいからテレビの地上波が見られないし、昨日は1日パソコンが使えなかった。あちこち不具合だらけですが、これを機会にいろいろ生活を見直そうと思います。とりあえず毎日たくさん必要な冷たいお水用の氷は、息子たちに貸し出し中の新しいほうの冷蔵庫のを使えばいいのだし、朝はパン食というのをやめればバターを入れておく冷蔵庫もトースターも要らないのだし。

こちらはカラカラ天気

今日も暑い。九州の大雨による被害は詳しい状況がわかるたびにその甚大さに驚くお気の毒な状況だというのに、こちらはカラカラ天気。暑くて水やりをサボり気味だったブルーベリーは、枝についたままドライフルーツとなりそうです。

P1140093

春先に鉢増しができず苗木の大きさの割に小さな鉢に植わっていたり、根元が雑草だらけだったり、水不足のほかにも要因はあります。涼しくなったらちゃんと手入れをしなければ、、、。

きづきの森活動日

今日はTさんがきづきの広場に建築中の家の仕事に来るということなので、私も参加しました。大工仕事はできないけれど、もし支えが必要なことでもあればちょっとはお役に立てるかと思ったのですが、結局ブラブラしながら見ていただけ。

この家には完成前からムササビが住みついているのですが、完成して空間がきっちりふさがれてしまうとムササビは出入りができなくなってしまいます。心優しいTさんはムササビのために壁に穴をあけたり、出入りの通路にする丸太を取り付けたり、いろいろ工夫を凝らしていました。

P1140076

珍しくモミジの枝に小鳥が飛んできました。考えてみればきづきの森の中で小鳥を見ることは滅多にありません。先日メンバーのKさんがクルミの木を広場の周りに何本か植えましたが、もっと実の生る木を植えて小鳥たちに来てもらえるような広場にしたいと思いました。

家に帰って偶然「さわやか自然百景」というNHKの番組を途中から見ましたが、撮影場所の杉林は林内の紅葉樹を残しながら杉を植えたそうで、リスやいろいろな小鳥たち、杉を主食とするモモンガなどが暮らしているそうです。広場の周りもそんな風になったらいいな。

Home

キーワード検索
ページ
Feeds
メタ情報

Page Top